Wordpressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」

2019/05/29 09:00

ブログを頻繁に書く人にとって、アイキャッチ画像を準備する苦労は身に染みています。Canvaを使ってる方も多いと思いますが「それすら面倒」と思ってしまう。そこで紹介したいのがアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」です。

◆ Wordpressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」
https://placid.app/wordpress

紹介

Facebook、Twitter、Pinterestの画像を自動的に作ってくれるようです。

SNSでの視覚的な効果は一目瞭然です。

セットアップ

プロフィールを登録します。

登録が完了したら7日間のトライアルで進めます。

トップページはこんな感じ。まずは「Get Trial Key」に進みます。

ここで認証に必要なキーを取得し、プラグインもダウンロードしておきます。以後はWordpress側の作業になります。

「プラグイン」> 「新規追加」からダウンロードしたプラグインをアップロードします。

最後にSetupのタブに進み、プロフィール登録時に取得した認証キーをセットします。

以上でセットアップ完了です。

テンプレートを作る

まずはアイキャッチで使うテンプレートを作成します。と言ってもイチから作る必要はなく、すでにあるテンプレートを加工します。

使いたいテンプレートを選択します。

こちらがテンプレートを編集する画面です。

今回は、試しにURLをAnyPicksに変えてみます。変更したらSaveをしてテンプレート編集を完了します。

投稿する

それでは実際にアイキャッチを表示する投稿を作っていきます。

画面下部にある「Placid Social Images」で先程編集したテンプレートを使います。

プレビューを確認するとURLがAnyPicksになったアイキャッチを確認できます。

こちらが実際に出来上がったアイキャッチ画像です。タイトルなどもタイトルや好きな文字を入れられるので非常に便利です。

そして気になるお値段ですが、一括購入で$79(8,658円)とかなり強気価格。

まとめ

長所:
エンジニアにとって画像を作るのは、結構辛い作業なので、決められたテンプレートを活用できるのは良いです。

短所:
頻繁にWordpressで投稿する方以外は、ちょっと手が出しづらいお値段。

とはいえ、7日間トライアルできるので気になった方は使ってみてください。

◆ Wordpressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」
https://placid.app/wordpress

新着ピック  






















新着ニュース

LINE「OpenChat」、トークルーム検索機能の再開を延期 「検索精度を上げるため」

バーチャルタレントがスナックのママに--“場所を選ばない接客”の働き方

リザーブドインスタンス(RI)を間違わずに購入したい! それなら AWS CLI を活用してみよう。 -オペ部だより- | DevelopersIO

ローソン、「深夜に店員ゼロ」を実験へ QRコードで入店、セルフレジで決済 遠隔監視で万引き防止

銘菓「ニコンようかん」、ネット販売終了 「裏の主力製品がなくなる」と惜しむ声

WindowsでAWS CDK(C#)の開発環境を整えてみた | DevelopersIO

TC Tokyo超早割チケットは8月末まで!トヨタの自動運転開発子会社TRI-ADのCEOが登壇決定 | TechCrunch Japan

たこ焼きロボからマイクロモビリティまで竹芝埠頭にロボ集結 | TechCrunch Japan

家事代行のベアーズ、マンションにスタッフ常駐の新サービス「MAUCHI」開始

対象店舗でビットコイン決済するとTポイントを付与--bitFlyerとTポイントが業務提携

野村不動産アーバンネット、不動産売買支援システム「Kimar」を導入

Application Load BalancerのリスナールールによるIP制限 | DevelopersIO

Application Load Balancerのリ...

DevelopersIO / 4時間前


最短2日で物件売却のすむたすが直販を開始--「すむたす直販」が担う中古流通比率の引き上げ

ローソン、深夜時間帯を“無人化”する実証実験--横浜で半年ほど実施

Amazon VPC設計時に気をつけたい基本の5のこと | DevelopersIO

ソニー、学校向けプログラミング学習キット「KOOVベーシックキット」を9月に発売

「Zaif」元運営のテックビューロ、仮想通貨交換業を廃業へ

なぜβ版でスタート? 独自プランは? IIJに聞く「eSIM」戦略

Github ActionsのワークフローへCircleCIのワークフロー流用を試してみた | DevelopersIO

ブランドリセール「RECLO」のアクティブソナー、中国企業などから約36億円を調達

もっと見る
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。