7 picks

テスト駆動開発とマイクロサービスのせいで短命に終わったスマホゲームの話

 「悪い方が良い」原則をご存じだろうか? 私はニュージャージー式「悪い方が良い」原則の信奉者だ。以前参加したあるスマホゲームの開発プロジェクトでその意を改めて強くした。今回はその話をしたい。

続きを読む
上村 直紀

フリーランス

2ヶ月前
変更がたくさん掛かる所ほどテストを厚くしておきたい、だが厚くすると変更コストが増えるジレンマ
定期的に振り返って目的見失わないようにして、いざとなれば捨てる覚悟も必要なのかな…
関 昌弘

Webエンジニア

2ヶ月前
それぞれの手段は正しかったけど結局それが目的化してしまった。ゲームを楽しくするという目的のために開発手法があるという順序決めに問題があったんだと感じますね、、、。
Suzuki Yutaro

フリーランスエンジニア

2ヶ月前
ちょっと文章がクドくて分かりづらいですが、結局の所やり方がまずかったという話なのでは…。
そーすい

ソフトウェアエンジニア

2ヶ月前
プロダクトのフェーズにもよりますが、個人的には開発にスピード感があった方が楽しいので共感できました。
西山 聡亮

2ヶ月前
Pickしました
Ito Michiru

フリーランス

2ヶ月前
方式の良し悪しより単純に発注側の仕事に問題がある。
Pickしました

会員登録すると、もっと便利に利用できます。

  • 1.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。
  • 2.

    ニュースフィードをおすすめします
    ピックした記事から、自動でニュースフィードをおすすめします。
記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。