4 picks

小学校のプログラミング教育は、「エンジニア養成教育」ではない

2020年度から新学習指導要領の完全実施により、小学校でプログラミング教育が必修となる。中学校では2010年度からすでに必修となっており、高等学校では2022年度から教科「情報」でプログラミングの内容が含まれる「情報I」が必修になることで、

続きを読む
辻岡 裕也

株式会社テックピット

15日前
>コンピュータを使わずアンプラグドで行うプログラミング学習

私もこちらには一定賛成だと思う。
実際、データ連携させたい時は、一連の流れをホワイトボードに書いてから手を動かすし、プログラミング学習で有名な「fizzbuzz問題」を解く時も、ホワイトボードに書いて、頭の中を整理したことがある。

ただ、記憶は曖昧で申し訳ないが、SNSで見たプリントで穴埋め問題的なのは、ちょっとズレていると思う。(暗記すればいいという観点で違う)
yuasa koji

15日前
コンピュータを使う使わないは手段であり目的と取り違えてるのではないか。
iPadを使った学習アプリも立派なプログラミング学習アプリで、
論理的な考え方を養うのが目的だと思ってる。

プリントの穴埋めはこれですね
https://twitter.com/kotyubi/status/1084037955239301122/photo/1
上村 直紀

フリーランス

15日前
論理的な思考とコンピュータに関する苦手意識を持たせないって所だけで良いかなぁと思った
清水 風音

AnyPicks代表

14日前
あえて反対意見を書くとするならば、全てコンピュータを使った学習でいいと思います。理由は、アンプラグドな教育はすごく難しいから。

外部の優秀な教育できる先生を採用して小学校に送り込めるならばいいが、おそらく実際に講義をするのは今の担任の先生になる。しかも、英語と違い歴史が浅く、プログラミングを正しく理解した上で教えられる先生はどのくらいいるでしょうか。ちなみに、長女の担任は嘱託の先生で期待すらしていません...。

そのなかで、アンプラグド教育の最大公約数になると、例の穴埋め問題といった授業が落とし所になってしまう。であれば、いっそ全てソフトウェアにまかせて先生はサポートに徹するという形式で十分と思います。

会員登録すると、もっと便利に利用できます。

  • 1.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。
  • 2.

    ニュースフィードをおすすめします
    ピックした記事から、自動でニュースフィードをおすすめします。
記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。